スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぐいす?

bianco

K-ディレクター

人が多いところは野生が育たないのか?というと…どうやらそうでもないらしい。
野生はもっとしたたかで、カラスやツバメやヤモリやコウモリやネズミ。最近では猿や鹿や熊も人が作る食べ物を求めて人の近くに現れる。

もともと人間も野生だったはずで、ちょっと態度がでかすぎるとしっぺ返しがすぐ来ることを心すべきだ。

写真の鳥はこれかも!?(しかし鶯の種類がこんなに多いとは…)
http://www.yachoo.org/Book/Show/554/sendaimusikui/
スポンサーサイト

ムシクイ?

rosso

大坂寛

そうだなー、bianco の言うウグイス科のムシクイ?か、、。
お腹も茶色いので違う気もする。
目の周りが白く、くちばしは黄色だった。

今朝も起こされた。それだけ自然が残ってるいい場所なんだな、、。

(画眉鳥 ガビチョウと判明)

_DSC1913.jpg

静かな花火

rosso

大坂寛



川向こうの小規模な花火大会に行って来た。
パスパスと静かに上がる花火もいいもんだな。
土手には川沿いの住民達がちらほら見ているだけで、
騒がしくなく、涼しい川風に吹かれながらゆったりと見る事が出来、
まるで自分たちの為に上げてもらっているようだった。
気持ちの柔らかい、優しい花火でした。

P1040255.jpg


Nikon Photo Contest

rosso

大坂寛


ようやく新作を撮る体制になった。
タイトルをbondage、崩壊、破壊、、、?まだ未定であるが、
(書)のように勢いのある自由で大胆でしかも官能的なエネルギーを表したいが、どうなることか、、。それを植物を使って、、。撮り始めるまでの行為が非常に煩雑で億劫だ。触発される植物も少ない。

それでもまずは撮る、という行動が何かを産むはず、、。


さてこの度、ニコン フォトコンテスト インターナショナルの審査員に選ばれた。自由項目と課題(エナジー)での募集で、国籍問わず、全世界からの応募があり、1969年から続いているコンテストである。
詳しくはhttp://www.nikon-npci.com
日本人の上位入賞を期待したい。

P1040276.jpg 夏だなー。
P1040294.jpg ニイニイゼミ
P1040292-3.jpg 顔に卵?が付いてる。
P1040288.jpg ひぐらし
毎年夏には蝉を(あぶらぜみを除く!)一匹は捕まえないと気が済まない。しかしここに引っ越して来てから何匹も素手で捕まえた。後はツクツクボウシだけだな、、。
P1040325.jpg 盆おどり
来年はやぐらで踊るか、、、。



少年時代

bianco

K-ディレクター

子どもの頃はこんな事ばかりにどきどきしていた

あれ? 
今もどきどきする!

ココをクリック↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/cat_50034588.htmlte.jpg

bianco

K-ディレクター

前に「トゲトゲしているモノが好きだ」と言っていたのを思い出した

んで、植物も良いけど骨もトゲトゲで良いよ~という話

ボンデージは何を束縛しているのか?肉か骨か心か

おそらくは心なんだろうけど、絵になんないから骨はどうかな?

この間の方法で、または君独自の方法でこれをなんとかする、つぅのは!
想像すると、新しい静物?生物!が産まれるかもしれない

骨


ちなみに上画透明標本のつくり方?↓
http://www1.cncm.ne.jp/~itoyama/kokkaku.html

追伸:ボンデージは破壊ではなく、救いなのかもしれないよ。
   先日とあるブログを読んでてそう思った。

bianco

K-ディレクター

たまには“書”など…

http://www.miyabigoto.com/works.html

イタリア

bianco

K-ディレクター

いまやアニメやマンガといえば日本となるのだろうが、エンターテインメントは文化の長い歴史で培われ、生まれるのだろう。

こんなイメージは決して日本では生まれない

valentina.jpg

グイド・クレパックスはイタリア人です。訂正します。

書の1

rosso

大坂寛

悪戦苦闘の末、新作を撮り終えた後の装置。このシリーズの作品の数だけ自然に現れる産物。それも作品としたい。その偶然を呼ぶ力も才能であり得るかの挑戦である。一種の書だな、、。

w222.jpg

プロフィール

rosso&bianco

Author:rosso&bianco
写真家 大坂寛

公式ブログ



( rosso ) : 大坂寛

( bianco ): K(ディレクター)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。