スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruby Black ライブ

rosso

大坂寛

この間、赤坂カンティーナでライブをやった。

とにかく、あれだけ練習したのに本番では
必ずコケル、、、。

ギターと歌を両方やっているからか、
足元にあるギターの音質を変えるエフェクター操作の
踏み違いのミスでそれに気を取られると
歌詞を忘れる、、。
忘れるから慌てて、今何処をやっているのか分からなくなり
指が痛くなるほど練習したソロが完全に抜けた、、、。
リズムも走るしロックのタメなど何処にも無い。

だいたい恥ずかしそうにやっているのはダメだ、、。


ま、でもこんなもんか、
後で録音を聞くと恥ずかしさで汗ビッショリだ、、。


プロじゃないんだ、こんなもんだよ、、。
楽しめたじゃないか。


でも、悔しい。


Ustreamに動画配信されると聞いて更に焦った。

http://www.ustream.tv/recorded/19047240


音が無ければミュージシャンのようだろう、、。

laib1.jpg

87.jpg
Ruby Black g,v 大坂寛 b小西洋一 k榎本悦子 d多辺田俊平
スポンサーサイト

セルフポートレート展

rosso

大坂寛


本日よりギャラリーE&Mにて、Self-Portrat 展が始まる。
僕も2点展示している。内外の著名な写真家35人の自画像である。
モノクロオリジナルプリント50点の展示。

http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/

1093-1.jpg

1093-2.jpg





暮れの想い

rosso

大坂寛


今年は厳しい時代だった。
災害と景気の悪化と文明の進歩が奇妙に絡まり合い、
大変な影響を受けた人々やその分野に携わる方々には
大変な年だった。

僕たち写真業界にも方向性を見失った人間が大勢居る。
デジタル文明の進歩の影響で、技術を送り出す側の成長する喜びと
それを使い創造する側の戸惑う衰退の差が大きい。
誰でもが容易に撮れる時代に、個性を出すことが難しくなった。
上手さに価値を見いだすことが無くなり、
奇妙に病んだ薄っぺらな個性に価値を与えて、
キズをなめ合っているようなこの写真界。

本当にいいものって何だろう、、。

俺は、ある程度の表現を世に残して来た。
これからの若者は何を成し遂げるのだろう、、。

与えられ、感覚の麻痺した浮ついた喜びに興味をおぼえ
奇妙な、氷の上にほほを付けながら音も無く滑り行き、
冷たさも感じられない程の唖し黙った叫びをこらえ、

オマエは何をしたいんだ、、、。



俺もどうしたい、、。

_DSC4283.jpg


プロフィール

rosso&bianco

Author:rosso&bianco
写真家 大坂寛

公式ブログ



( rosso ) : 大坂寛

( bianco ): K(ディレクター)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。