スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽水

rosso

大坂寛


昨日、井上陽水コンサートに行く。
若い頃より大ファンで、自分でもギターを買い、
弾き歌った。高校の頃の青春の切なさが蘇る、、。

初めてその憧れの陽水の生声、歌を聴いた。
圧倒的な音圧のある歌声、痛くない心地よく突き刺さる高音、
ロマンチックで切なく、少し鼻にかかる甘い声質にゾクゾクする、、。

自分も趣味でロックバンドで弾き歌っているが、
もうやるの嫌になってしまう程、当たり前に巧い!!

60歳を過ぎてなお艶のある、咽先ではない歌声は
最近のヘタクソな売れている若い歌い手には出来ない。

何だろうな、、あの体躯に似合わない、、ロマンを散りばめた優しさは。
現代詩のような訳の分からぬ?言葉遊びを楽しんでいるような歌詞、
当たり前の歌詞ではつまらない。自由に感じた言葉を結合してロマンチックなメロディーに溶け込ませる。面白いよね、、。天才だと思う。

写真の世界もそうかな、、当たり前ではつまらない、、。


それから、多分多くの方がそう思ったであろう、
若いパーカッションの女性が素晴らしかった、、。
小気味良いリズムと間、の開き方、多くの機材を素手でたたく姿は、
双眼鏡の中で、陽水と一つの視野に納まり共鳴し合って美しかった。

はたけやま裕、という人。
http://www.youtube.com/watch?v=xBRlgiPynIs

凄いです、、ファンになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rosso&bianco

Author:rosso&bianco
写真家 大坂寛

公式ブログ



( rosso ) : 大坂寛

( bianco ): K(ディレクター)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。