スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い頃

rosso

大坂寛


引っ越しをする事になった。ここより家が狭くなるので、荷物の整理をしていた。不要品の廃棄処分にする費用も結構かかるため、ここに引っ越して来たときに良かれと思い付け足した無駄な私的建造物を、また自らノコギリ、ハンマーで解体した。凄まじい量にへとへとになった。人間って愚かだと思った。俺はナニしてるんだろうと、、。明日は紙資源ゴミの集配日で、膨大な写真くず、書籍など整理していると、決まって手紙類、日記、好きだった子との記念写真などにたどり着くと、手の動き時間の進みがのろくなる。懐かしさも手伝いあの頃の自分に戻ってしまう、、、、。

写真学生の頃の課題、今見ると新鮮で勢いがある。怖いもの無しのエネルギーが斬新で面白い、、、。忘れていた大切な何かを改めて感じた。技術は随分進歩した。安定して作品が撮れる。しかし根本的な底にある好みは同じであった、、、。こんな絵を書いていたんだ、、。これは今見ても自分を感じるし、あの頃の俺は、、今も変わっていない。

P1030869.jpg 20歳、1977年

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rosso&bianco

Author:rosso&bianco
写真家 大坂寛

公式ブログ



( rosso ) : 大坂寛

( bianco ): K(ディレクター)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。