スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときどき曇り

rosso

大坂寛


明日は友人でもある 柴田哲孝氏の撮影である。古くからの友人で、あれよあれよと数々の賞を取る気鋭の小説家になった。骨太な逞しさの中に繊細な闇を含んでいる乾いた固い土壌に湿らした粘土質の固まりを保ったような作家である。いつの間にか、いや厳しくも確実に築き上げてきたその姿を、ほんの一時写真に撮ることであっても、俺にとっては彼との真剣な戦いである。発散する彼のエネルギーに己の鈍くしかし強靭に張り巡らせたであろう情熱は、、超えられるのか、、。

この出会う緊張と不安感は常に撮影の前にはびこり、濁った水はその本来の姿勢を隠してしまう、、、。

素、でいることか、、。お前もそのままで向かえばいい、、。相手も緊張しているはず、、。やってきたことは充分なはずだから。どちらが自然体で向かい合えるか。


気負った方が己を見失う。   大丈夫か、、。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rosso&bianco

Author:rosso&bianco
写真家 大坂寛

公式ブログ



( rosso ) : 大坂寛

( bianco ): K(ディレクター)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。