スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白

bianco

K-ディレクター

実は僕、「呪怨」を観れないのです。正確に言えば観てしまったのですが。

話はもう何年も前になります。
その日は家に僕だけしかおらず、いつの間にか夜中の12時も過ぎていました。ドラマもニュースも終わってしまい、お酒のグラスを舐めながら何気なくチャンネルを変えていたときです。妙なトーンで音も無い不思議なドラマをやっていました。見るものもないしこれでいいやと…

今でこそメジャーになった「呪怨」ですが、おそらく当時は初期のビデオで、マニアックなものだったはずです。僕が観たのはドラマの一部です。場面は男の人が一軒家のドアをたたくところだった様な気がします。誰もいない家をいぶかるように玄関に入り、声をかけるのですがやはり誰もいません。そんなシーンが静寂の中に続きます。その玄関はすぐに2階へと続く階段がありました。しばらくするとかすかな物音(だったような)がし、その後です。まるで蛇のようにその2階から階段へと女がスルスルとすごい顔でいきなり這い降りてきたんです。

もう、それでお終い!すぐチャンネルを変えてしまいました。あとで番組を調べたら「呪怨」と出ていたのです。
それ以降しばらくすると日本のホラーがあたり始め「呪怨」も映画化と知りました。それがおそらく前回紹介したYOUTUBEだと思います。

だから、あんな怖い映画をじっくり見ることができないんです。

あぁ…夏だねぇ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rosso&bianco

Author:rosso&bianco
写真家 大坂寛

公式ブログ



( rosso ) : 大坂寛

( bianco ): K(ディレクター)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。